障害年金の仕組みは?

日本人は年金と言うと如何にも高齢者になってからというイメージがあるようですが、日本の公的年金制度は素晴らしいもので実は障害になっても手当が出るような制度となっています。
つまり、年金は老後のための対策という面がある一方で、万が一日常生活における重篤な障害になった時の補償を含んでいるのです。

これらは一般的に『障害年金』と呼ばれる制度になりますが、加入している公的年金の内容によって受けられる種類が異なって来るのが大きな特徴です。
大きく分けて、『障害基礎年金』・『障害厚生年金』・『障害共済年金』と3つに分けることができます。
この障害年金制度は一見すると障害者でないと補償を受けられない感じもしますが、決してそのようなことは無くて通常の疾患にて規定の障害等級に認定されることで支給が受けられるでしょう。

何らかの障害になるとその方の治療・療養費が必要になる他、子供などが要る場合は更に生活費がかさみますので認定された等級次第では子供の人数によって加算額が設けられています。
ただ、一般の年金制度を見ても分かりますが支給年齢になったからと言って自動的に支給される分けではなく、障害年金に関しても必ず本人が請求しないともらえません。
現在では経済的な理由で年金保険料を納められないとか、政府に対する不信などで年金を納めないとかの事情がありますが障害を負った時の治療費捻出の方法で最も確実なのは年金制度です。
普段からしっかり掛けておかなければなりません。


<特別外部リンク>
障害年金を受ける手続きなどの代行サービスを行っている事務所です → 障害年金 手続き

Copyright © 2014 障害年金を受給するためには? All Rights Reserved.